印鑑証明とは?

社会人のかたなら「印鑑証明書」というものを発行したことがあるかと思います。日常生活のなかでなんらかの契約をする場合に必要になるのが「印鑑証明書」というもので、一般的にはマンションや家を買ったとき、自動車などを買ったときなどに使います。 ほとんどのかたがこのような契約を結ぶ際に必要になったとき、最初に登録の手続きをするようです。印鑑証明は自身が住んでいる地方自治体、おもに市役所の市民課窓口で登録申請を受け付けていますので、まずは市役所に出向き、登録をします。

登録する印鑑は三文判でも可能ですが、登録した印鑑は自身の「実印」というものになり、重要な契約を結ぶ際に必ず必要なものとなるため、改めて自分だけのしっかりとした印鑑を作成することが一般的です。 ただし契約の際に急いでいる、という場合は、とりあえず今持っている印鑑を登録して契約等を済ませ、後になってからきちんとした印鑑を作成して、印鑑登録を変更することも可能です。

印鑑証明書がどうしてさまざまな重要な契約の際に必要になるかというと、登録されている地方自治体によって、その当人が正に登録した印鑑である、ということが公に証明されているため。信頼のある第三者である地方自治体がその印鑑を認めている、ということなのです。 ここではこの印鑑証明はどのように登録し、印鑑証明書が必要な時とはどんなときか、また登録が失効する場合とはどんなときかについて解説します。

Copyright © 2014 印鑑証明とは何か All Rights Reserved.